Archive for 淡路島グルメ食べ歩き

淡路市の蕎麦専門店 翁さん

淡路市でも有数の山間部にぽつりと佇む蕎麦屋「翁」さん。
東浦方面から山中に入り、どこに行くんだ?と問いかけたくなるようなところにそこはある。
モダンなたたずまいの入り口から中に入ると、奥には借景を利用した、絵のような窓が。
すばらしい景色にしばしうっとりしつつ、注文した蕎麦はほどなく到着。
シンプルなおろしそばとふんわりした卵とじそば(だったと思います。。。)
自家栽培のそばのうま味、ふんわりした卵とじの味わい舌鼓。
借景を楽しみながら日本酒を味わいたいが、あいにくマイカーだったので今回は断念。
次回はぜひ日本酒も味わいたい。

※ただいまPHPとワードプレスのバージョンの問題でSNSシェアボタンを生成できない問題が発生中。。。
不便ですがバージョンの問題解消するまでしばし素手でシェアします。
近いうちにサイトそのものを改良するつもりなので、問題そのものにはアプローチせずにサイト構成に取り掛かります^^

コメント

久々の投稿は、ノマドカフェさん

当ブログサイトをご覧いただいておりました皆様、長らく放置状態で申し訳ございませんでした^^;
久々に投稿を再開いたしますので、どうぞよろしくお願いいたします。

さて、今回は久々にグルメネタということで長澤のノマドカフェさんに行ってきましたが、あまりに久々すぎて建物とか、そういうの全部忘れてます。
まあボチボチと思いだして投稿しますので、ご容赦のほどお願いいたします。
というわけで、手作りソーセージのセットと、古代米?カレーのご紹介です
手作りソーセージはぷりっぷりの皮にたっぷりとうま味と肉が詰まった逸品。粒粒のマスタードでいただきます。
いうまでもなくビールがほしくなるアジです。

そして古代米のカレーは、味と色の濃いご飯にスパイシーなカレーのセット。
いずもれもレンコンや季節の野菜、根菜のスープのセットで彩りよく、見た瞬間に「絶対うまい!」と思えるきれいな盛り付け。もちろん食べるとわかる、ほんとに舌にも体にも美味しいセット。残念ながら、料理を食べたいあまり、詳しい説明を聞き逃したのも悔やまれるポイントです。^^;
(今回は別の撮影リハーサルを兼ねての訪問でした)

IMG_8532

IMG_8538

コメント

洲本市屈指のケーキの名店

IMG_1105-1
あいにくの大雨で店舗を撮影するわけには行かなかったが、やはり名店が造るケーキの彩りと味わいは格別。
イチゴなどのフルーツがたっぷりとあしらわれたタルトやケーキに、重くないふわっとした味わいのチョコ。
久しぶりに堪能。
IMG_1108-2

コメント Trackback / Pingback (1)

ある日の食卓

何度か記事にしたことがあるが、島の食卓にかなりの確立で乗る、あの黄金色のかわいいやつらです。

たこ

まずはネタ。播磨灘で捕れた活きの良いたこ。

海流の早い瀬戸内産ならではのこりこりとした食感が最高。

 

IMG_9422-2

関西人(とりわけ淡路島)なら一家に一台はあるたこ焼き器で焼いていきます。

だれもが手馴れた職人のようなものです。

 

IMG_9432-3

仕上がり。

当然ここにかつを節や青海苔もしくはソースをかけずに出汁やポン酢もアリです。

 

コメント

淡路市野島小学校跡・のじまスコーラ

最近話題の野島小学校跡・のじまスコーラに行ってきました。

改装されて入るものの、あちこちに小学校の名残が残っているようで、懐かしい感覚を覚えるところもおおくあった。

地元で取れた野菜がふんだんにあって、直売されている。どれも新鮮で色鮮やかだった。

 

焼きたてパンも豊富で、翌日の朝食を選んで帰れそうだ。

 

 

 

 

 

 

カフェの入り口。悪天候にもかかわらず、大変な賑わいだ・・・

残念なことに窓際に陣取れず、ピンスポットも変な位置を照らしていて肝心の料理写真の露出を失敗しました・・・

自分の経験不足を痛感・・・

ボリュームたっぷりのきのことクリームのパスタ。ほかにパンを取り放題で、これがなかなかもっち利した食管でいくつも食べておなかいっぱいになりました。

 

あと、あいにくの大雨でせっかくの外観を撮影できず。アマガエルさんで許してくださいね・・・

公式サイトはこちら。

http://www.nojima-scuola.com/

Comments (8)

ノマド村・淡路市長澤にある廃校のカフェ

淡路島でもとりわけ静かな集落にある、廃校を利用したカフェ。

フレッシュなジュースとケーキのセットもおいしくて心地よい。

インテリアはさりげないようでいて、けっこうこだわった雰囲気もある。

ライブなんかもやってるのかな?
ご存知の方は教えてくださいね。

コメント

国道沿いの便利なラーメン店・馬力軒

国道沿いで利用しやすい馬力軒は淡路市ではおなじみ。

定番のラーメンと餃子、それにライスを注文すればおなか一杯で次の目的地へ向かえる。

7

淡路市を国道で南下、北上するなら利用しやすいお店です^^

コメント

いまさらながら、お正月の食卓

遅くなりましたが、お正月の食卓の(恥ずかしながら・・・)一部をご披露します。

まずは淡路島なら無くてはならない定番のタコのぶつ切り。

瀬戸内でも海流の早い淡路島周辺のタコは歯ごたえがあって最高に美味。

お店ではもちろん、普通に食卓に上る食材です。

次にイカの煮物。

何のイカかは失念しましたが、甘辛く煮付けたイカも島では割とポピュラーなーメニューといえます。

 

 

最後は焚き合わせ。

お正月に欠かせないいろいろな食材を薄味で炊き合わせた全国的な(?)定番メニュー。

年末年始の暴飲暴食で弱った内臓にはこういうのがいい。

コメント

ラーメン工房「い」プレオープン試食会

淡路市志筑、ラーメン工房「い」さんプレオープン記念の試食会にお邪魔しました。
こざっぱりした内装にはシンプルなモノトーンのクロス。
ジュースを置くと鮮やかさが映える。
IMG_1644.jpg
IMG_1645.jpg
キツネ色に焼けた餃子はさっぱりしたタレでいただく。もっちりした食感で臭みなくアッサリした印象。
IMG_1648.jpg
IMG_1654.jpg
試食時のラーメンはあっさりとしたおそらく野菜ベースのスープでいただく。
やや甘めの味付けでこってり感はあまりなく、臭みもないのでさらっと胃に入って行くのが好感。
具にはたっぷりの野菜とあっさりとした豚肉で、ヘルシーさを感じる。
IMG_1652.jpg
チャーハンはパラッと仕上がっていて、ボリュームもたっぷり。十分満足の一品。
IMG_1655.jpg
から揚げもどちらかというと甘めの味付けかな?
マヨネーズと塩のいずれかをつけていただくスタイルで、やわらかくジューシーな身がとてもおいしかった。
IMG_1662.jpg

コメント

鳴門海峡を望む南あわじ市、閑静な別荘地にあるカフェ・カモメテラスさん

IMG_5325.jpg
玉ねぎの収穫が最盛期のこの時期の南あわじ市は、何処に行ってもこんな風景を見られ、しかもあたりには玉ねぎのほのかな香りが漂って食欲をそそられてしまう。
そんな梅雨間近のこの日に訪れたのは南あわじ市で最近話題のとっても静かな別荘地にあるおしゃれなカフェだ。
(上の写真はお店から少し離れた南あわじ市内の玉ねぎの収穫の様子)
IMG_5345.jpg
とにかく静かな環境ながら、おしゃれでナチュラルな外観のカフェは都会的なセンスと淡路島の素朴さが融合してとっても新鮮な感覚を味わえる。
IMG_5328.jpg
店内の窓からは鳴門海峡を一望できるので、食事をしながら海を見られる贅沢さを堪能できる最高のシチュエーションだ。席数は少ないながらもテーブル席、ソファ席などタイミングがよければ好みの席をチョイスで切るのがうれしい。
IMG_5333.jpg
IMG_5337.jpg
注文したのは牛すじカレー(980円+大盛りの200円)。いろどりが綺麗でフレッシュなサラダに程よい酸味のキャベツとラッキョウのピクルスが添えられている。
具の牛すじ肉はとろっとした食感のところとすっかりほぐれた赤身部分が柔らかくて、とにかく本格的な味わいだ。
カレーの上にはカリッとしたチップス(おそらくコーン系?)が乗っていて、風味と食感に一味加えている。
ルーは色が濃い目でかなり辛口の味付けで、店内の雰囲気にぴったりの大人向け。とくにこれから汗をかく季節に最高のメニューだ。
IMG_5339.jpg
IMG_5347.jpg
淡路島でもとくに田舎の阿那賀という立地ながらも都会的なセンスと本格的な味を堪能できるお店は、明るい店内の雰囲気が最高で、お昼過ぎに立ち寄っておいしいメニューを楽しんでゆっくりと景色を眺めるのがお勧め。
■カモメテラス
0799-39-0999
兵庫県南あわじ市阿那賀1603-75

コメント

« Previous entries 次ページへ » 次ページへ »