Archive for 淡路島グルメ食べ歩き

南あわじ市阿那賀の料理旅館、うめ丸さん

南あわじ市の良港、阿那賀港からほど近くにあるうめ丸さんは、ピチピチの鯛料理が自慢。とれとれの海の幸をたらふく食べたいなら淡路島ではまずここが第一選択といっても過言ではない。
IMG_4694.jpg
IMG_4784.jpg
ロビーからは鳴門海峡を一望できて至極快適な気分を味わえる。
IMG_4701.jpg
食事場所の部屋の窓辺からも鳴門海峡を一望できるロケーションはすばらしいの一言。お風呂に入ってゆっくりしてから食事、なんてのも料金内でできるのでむちゃくちゃ得をした気分になれる。
ここの温泉はぬるっとした泉質が自慢で、入るだけで肌がつるっつるだ。
IMG_4710.jpg
一人前¥5,250のもっともスタンダードな鯛のフルコースで最初に運ばれてきたのがこの先付け。タコと鰆の酢の物に茎わかめ、それとたぶん鯛の子寄せだ。
IMG_4712.jpg
そしてお待ちかね、鯛の活き造り。最初は鯛の目の部分に覆いをかけて出てくる。おそらく鯛が暴れないようにする配慮だろう。それでもぴくぴくと動く鯛は活きが良いのがすぐにわかる。
IMG_4716.jpg
次は料理人の腕が試される薄造り。向こうが透けるほどの薄さに引いた身を土佐醤油で食べる。新鮮なわかめもうまい。
IMG_4728.jpg
そして次は大きなエビの天ぷら。アツアツで衣サクサク、よくある衣だけがでかい天ぷらではなく、本当にエビのみが大きくてプリップリだ!
IMG_4736.jpg
ついに登場、名物宝楽焼。刺身におろした鯛の半身。土鍋に那智黒と思われる石を敷き詰めて、昆布を敷いた上に乗せて焼き上げる。とにかく香ばしさと昆布の旨みがしみこんだ鯛の味はまさに肴の王様の風格を感じさせる。
付け合せのサザエも程よい味付けで、だしをすすってから身を引っ張り出して食べる定番のスタイルだ。
IMG_4737.jpg
IMG_4748.jpg
さらに続く。鯛はそのおかしらも捨てるのがもったいない。しょうゆや砂糖で甘辛く煮たあら煮は、旬の鯛にぴったりで、よく乗った脂で最高の照り具合に仕上がっている。もちろん味も最高だ。
IMG_4772.jpg
もう無理!ってぐらい食べた後に出てくるがお吸い物とご飯、続いてさわやかなフルーツでしめ。何度来ても何度同じメニューを食べても飽きない最高の味と程よいもてなしを、適正価格で堪能できる、個人的に島内最高の宿だ。
IMG_4780.jpg
IMG_4775.jpg
■うめ丸旅館
0799-39-0206
兵庫県南あわじ市阿那賀1137-9

コメント

洲本市五色町のカフェ、la Uhbe(ラウーベ)さんはおしゃれな隠れ家!

私が記事ネタを仕入れる日は決まって天気が悪い・・・と言った内緒話はさておき、五色町の隠れ家的カフェ・ラウーベさんに行って来た。
IMG_4402.jpg
IMG_4407.jpg
IMG_4409.jpg
イングリッシュガーデン風の庭園とテラスがついたおしゃれな店構えはさすが造園会社が母体だけのことがある。
IMG_4411.jpg
店内のメニューや小物類も落ち着いたセンスを感じる。
IMG_4444-2.jpg
こんな感じの奥まったソファーとテーブルの席があって、座った幹事がジツに心地よい。他の席はお昼時の満席で撮影できなかった。
IMG_4418.jpg
前菜に出てきたのはシャキシャキのサラダと竹の子の小鉢。春らしいチョイスがうれしいし、期待を感じさせる。
IMG_4426.jpg
まずはメインの淡路島牛丼。ここのはカツ丼風だけど、ガッツリの見た目に対して味は以外にさっぱりとして、米もぱらっとした感じでベタつきが無くてとても食べやすい。
IMG_4431.jpg
IMG_4453.jpg
そして淡路島ぬーどるのランチ。エスニック風のスープは後味がさわやかで最後の一滴まで楽しめる本格派だ。麺はご存知名産の淡路島産専用麺でもっちり感たっぷり。
IMG_4445.jpg
仕上げのコーヒーも香りが深くて幸せを感じられる。このコーヒーもこの店の看板なのかもしれない。
総じてあっさりナチュラルな感じのお店とお味だし、緑あふれる周辺環境もすばらしい隠れ家。また一度訪れたい名店だ。
■Cafe de La Uhbe
0799-32-1188
兵庫県洲本市五色町鮎原南谷525-2

コメント

北淡の有名店はさすがの味!淡路市野島の食房NICE

IMG_4269.jpg
淡路市野島の食房NICEさんは、あちこちで記事になっている有名店だ。あの淡路島牛丼にも参画していて評判も高い。海側の席では播磨灘を眺めることもできて最高のシチュエーションだ。(人気が高いのでタイミングよく海側の空いたときに入店できればベストだ。)
IMG_4251.jpg
エントランスにはスロープが設けられていてユニバーサルデザインに配慮されている。
IMG_4258.jpg
この日注文したのはポークステーキのランチコース、他にシーフードカレーも。ランチコースには味噌汁かスープがついていて、このスープはまったりとした濃厚な舌触りのポタージュ。
IMG_4260.jpg
これがシーフードカレー。エビ、イカ、アサリ、ムール貝?と蟹のつめまで入った豪華なカレーだ。味ももちろんスパイシーでうまい。
IMG_4262.jpg
これがポークステーキ。こんがりと焼かれたステーキにかかったソースがしっかりとした味わいとコクで絶妙なバランスだ。付け合せにはフレッシュなサラダ、切干大根、ヨーグルト、香の物がついていて、ご飯とあわせて食べればボリュームも十分のランチになった。
IMG_4266.jpg
入ってすぐのところには、おそらく近くにある江崎灯台をモチーフにしたと思われるステンドグラスがあしらわれて、オーナーのセンスのよさが光る。この日は満席でちょっと店内を撮影するのははばかられたので、おしゃれな店内は実際にいって確かめていただきたい。
■食房 NICE (ニース)
0799-82-2880
兵庫県淡路市野島蟇浦157-1

コメント

淡路島の春の食材といえばまずこれ!旬のフルセの初物を味わう。

広田梅林
あちらこちらに梅の花が咲き始めるころ、淡路島の春の味覚がまた一つ食卓に上る。
そう、名物のフルセだ。
フルセはイカナゴの大きなもので、通常価格の高い小さなもの(コナ・コウナゴなどと呼ぶ)に比べるとちょっと知名度は低いかもしれないが、このフルセの飴煮がジツにうまい!
フルセの飴煮
コナから比べると何十倍も大きなフルセは、脂がよく乗っていて最高の味わいとなる。甘辛く煮たこのフルセを熱々のご飯に乗せるもよし、日本酒の肴にするもよし。
今宵は県産の純米吟醸酒と、この時期の淡路島ならではの、少しマニアックな獲れたての初物の味覚に舌鼓を打つとしよう。

コメント

淡路市志筑、路地裏の名店「遊食旬彩 仲よし」さん

仲よし
志筑の街中、ちょっとわかりづらい場所に「遊食旬彩 仲よし」さんはある。目立たないが海の幸をこれでもか!と味わえる、知る人ぞ知る名店だ。
仲よし2
インテリアも色々と凝っていて面白い。
仲よしお品書き
島の海の幸が中心のメニューはめちゃくちゃ豊富!もちろん写真以外のメニューのほうが多いぐらいだ。
海老チリソース
地味ながらプリップリの食感を味わえる海老チリソースは絶品の一言。ピリッと聞いた香辛料と海老の組み合わせは黄金比ともいえる。
小物
壁にはちょっとした小物が。
海鮮どんぶり
今回メインで注文した海鮮どんぶり。ぎっしりと詰まった海の幸。に唖然とすること請け合いだ。
もちろん味は最高。ネタはどれも極上でプリップリ。旨みと歯ごたえが絶妙なイカにまったりと味わい深いウニ(結構たくさん入っている。)
それに彩りに入っているサーモンやイクラも上質なものでとてもうまい。どの品をえらんでも失敗が無い路地裏の名店がここにもある。
■遊食旬彩 仲よし (ゆうしょくしゅんさい なかよし)
0799-62-0594
兵庫県淡路市志筑1551

コメント

個室の設えが便利な淡路市の信長さん

志筑信長
小さな子供をつれた家族での食事には個室完備のお店が便利だ。
ここは店構えは居酒屋だけど、個室があって掘りごたつの足元には床暖房が設けられていて寒い冬でも安心だ。
ビール
土手焼き
と、こう説明すると味のほうが心配になりそうだがここはその心配が無い。すぐに出てきそうなので注文した土手焼きはトロットロでむちゃくちゃ軟らかい!いかにもコラーゲン豊富な感じだ。
大根サラダ
ウインナー
定番の大根サラダに、子供が好むウインナーの串焼き。
(串焼きには玉ねぎが挟まっていて意外なところに淡路らしさが垣間見えた。)
カンパチ
楽しみの刺身はカンパチで注文してみた。程よい脂の乗り具合で歯ごたえもしっかりとしていてビール、酒がすすんでしまううまさだ。
タコ天ぷら
ヒレカツ
定番が続くが、これがタコの天ぷら。ボリュームに圧倒された。島のタコらしく歯ごたえがしっかりとして旨みも十分堪能できる。
そして最後にガッツリ派にお勧めのヒレカツ。脂身が少なくてヘルシーだが、ボリュームが十分でガッツリいただける。
今日は子供づれだったのでこれくらいでサラッと帰ったが、次は仲間とゆっくりと島の酒を味わいに来たい、近所の名店だった。

Comments off

« 前ページへ « 前ページへ Next entries »