冬咲きのチューリップが、陽気に誘われて満開に。ピンク、赤、オレンジなど鮮やかな色彩で公園を彩っています。平日にもかかわらず、このチューリップを写真に収めようと写真家の方々が時折撮影に来られていました。

さて一番下の路面に敷いたれんが。ところどころにある刻印はどんな意味があるのでしょうか?元のレンガ造りの建物を解体して出たものをそのまま使ったと聞いたことがありますが、想像するにどこにどんな風に積むというパーツナンバーのようなものかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です