淡路島の春、イカナゴの新子と菜の花の沖

3月ともなると日々の暖かさと時折三寒四温よろしく訪れる寒さに、春の足音を間近に感じる。
おなかに入るものでは、やはりイカナゴの新子。
まだ細かい新子の味わいは口当たりがまろやかでフワッと柔らかく、ご飯に乗せて醤油で食べるのがおすすめ・

20140228-IMG_2468 (2)

次にやっぱり淡路島はこれ。
あの司馬遼太郎の小説にも出てくる菜の花。
この菜の花畑と海のコントラストはとても美しく、陽気に誘われてそばでピクニック気分で弁当など広げたくなります。。。

20140307-IMG_2528

20140307-IMG_2535

Comments (1)

台風一過の瀬戸内

IMG_1424-1
全国的に大きな被害をもたらした台風18号。
淡路島は幸いにも大きな被害は無かったようだが、特に京都の桂川では普段清清しい景色が濁流に変わっていた。
被災地の一日も早い復興をお祈りします。

台風一過の夕陽、枯れ木神社から見る瀬戸内を眺める。

コメント

洲本市屈指のケーキの名店

IMG_1105-1
あいにくの大雨で店舗を撮影するわけには行かなかったが、やはり名店が造るケーキの彩りと味わいは格別。
イチゴなどのフルーツがたっぷりとあしらわれたタルトやケーキに、重くないふわっとした味わいのチョコ。
久しぶりに堪能。
IMG_1108-2

コメント Trackback / Pingback (1)

長い戦いの始まり

今年もやってきた、うっとおしい梅雨。
昨年よりもやや遅めに淡路市某所の棚田を訪れました。
IMG_0386-5

まずは一回目、まさに田植えが終わったばかりの水田。
ある人に教わっていた場所とはちょっと違っていたらしい。
でもまあこれも悪くないか?

IMG_0378-3
IMG_0386-5
IMG_0436-3

そして二回目。少し場所を変更。
これから長い自然との戦いを経て、数ヵ月後には結実して重くこうべをたれた稲穂と夕陽をおさめられるか。

コメント

徳島ラーメン・岡本中華

IMG_9449-6

見た目はクリーミーで濃厚そうに見えるが、意外にあっさりと食べられて、何度でも行列に並びたくなる名店だった。

コメント

ある日の食卓

何度か記事にしたことがあるが、島の食卓にかなりの確立で乗る、あの黄金色のかわいいやつらです。

たこ

まずはネタ。播磨灘で捕れた活きの良いたこ。

海流の早い瀬戸内産ならではのこりこりとした食感が最高。

 

IMG_9422-2

関西人(とりわけ淡路島)なら一家に一台はあるたこ焼き器で焼いていきます。

だれもが手馴れた職人のようなものです。

 

IMG_9432-3

仕上がり。

当然ここにかつを節や青海苔もしくはソースをかけずに出汁やポン酢もアリです。

 

コメント

鳴門海峡の夕凪

IMG_6845-1

お気に入りの場所、鳴門海峡。この日のこの時間はどうもあまり流れは無く、海峡の夕凪といった風情。

 

IMG_6849-2

橋の内部(下部?)こんな風に鉄骨材が延々と続いています。

 

IMG_6852-3

春の陽気に誘われて、行きかう船も颯爽と。

コメント

2013年、少し早い灘黒岩水仙郷

 

 

 

 

 

 

 

少し早いと思いつつも陽気に誘われて灘方面へ。

やっぱり灘の陽気は春を思わせる暖かさ。

思わず上着を脱いで、さっさと歩き始めてしまう行動力が湧き出てきます。

IMG_0954-2-1

 

駐車場横の急斜面はごらんのようにまだちらほら。

ここを超えていけば南側に出られます。

 

IMG_0962-2-2

 

先ほどの斜面の中間ぐらいの地点から。

駐車場は満車で中継バスも出ているくらいの人出です。

 

IMG_0979-2-3

 

斜面でとりわけ目を引いたのがこの一輪。

とてもきれいな形でうまくこっちを向いてくれました。

 

IMG_1002-4

 

 

さらに斜面を進んでいくと、日当たりが良くなってきて花も多くなってきます。

このあたりに来るとワタクシ同様、カメラマンの皆さん真剣に花とにらめっこする姿がたくさん見られます。

 

 

 

 

IMG_1060-2-6

 

南側斜面に出ると、どんどん花の勢いは増して美しい緑と白と黄色のコントラストを見せてくれます。

 

IMG_1156-2-11

 

このあたりはもう7-8分くらいの咲具合でしょうか・・・

ほんのり甘い香りも漂いつつ、南の強い光を浴びて坂道を歩いているので汗ばんできます。

 

IMG_1136-2-10

 

急斜面を降りるとすぐに海岸です。

 

IMG_1119-2-8

こんな風にところによってはたくさんの花がさながら高原の花畑のように。

IMG_1113-2-9

 

思わず走っていってダイブしたい衝動を抑えながらシャッターを切ります・・・

IMG_1101-2-7

最終下り坂付近、かなりの咲具合。

IMG_1172-2-12

 

丘を降りて海岸を歩いて、望遠で除いてみると、こんな風にたくさんのギャラリーが水仙の放つ甘い香りに酔いしれていました・・・

コメント

光の街

この時期、もはや恒例となった光の街、洲本。

美しくライトアップされて、通りがかりに目を楽しませてくれる。

前日に通りかかったときにうかつにもカメラを持っていなかったので再挑戦。

来年は、どんな風にデザインするのか、楽しみです。

 

IMG_0398-2

 

IMG_0368-1

 

 

 

コメント

西浦から北淡、強い西風が吹く頃

この時期になると西浦から北淡にかけての海岸は瀬戸内を吹き抜けてくる強い西風で、休漁となることが多い。

この漁港もそのひとつ、いかなごやちりめん漁では県内有数の水揚げを誇るこの漁港も、この強風ではさすがに出られなかったようだ。

IMG_0076-1

そんな寒い冬の西風が吹く海もウィンドサーファーにとっては格好のゲレンデなのだろうか・・・

寒空も関係なく日が沈むころまで疾走を続けた。

時折ダンスのように交差したり、また離れたりといった風に楽しげだった。

IMG_0290-2

 

コメント

« 前ページへ« Previous entries « 前ページへ · 次ページへ » Next entries »次ページへ »