名月に満たず

IMG_6372.jpg
中秋の 名月を待つ 稲穂かな
などと少し感傷的な気分にもさせるさわやかな季節・・・
忙しい夏が去って、ぼちぼちととれとれも再開します。
お店やグルメもいいですが、秋はやっぱり空や樹木、山々の彩りもいいですね。

コメント

淡路市柳沢にある、超マイナーな神社・岩上神社

淡路島には神社がたくさんあるが、島内でも指折りの奥地、柳沢にその神社はある。巨石信仰で地元では有名だ。
IMG_4283.jpg
静かな境内にある拝殿の佇まいが背筋をぴん、と伸ばしてくれる。
IMG_4288.jpg
これがご神体の巨石だ。写真で見るとそれほどでもないが、実物は背よりもはるかに高い大きさに圧倒される。昔の人のみならず、地元の人にとって大切な存在。
IMG_4290.jpg
岩の合間からは江井方面だろうか。なかなかの眺望だ。
IMG_4311.jpg
境内のほうを覗くと本殿が見える。
IMG_4320.jpg
IMG_4348.jpg
凛とした佇まい、苔むした参道、緑あふれる木々。心が洗われる空間に、しばしの間ただ身をゆだねるのもまた楽しい。

コメント

北淡の有名店はさすがの味!淡路市野島の食房NICE

IMG_4269.jpg
淡路市野島の食房NICEさんは、あちこちで記事になっている有名店だ。あの淡路島牛丼にも参画していて評判も高い。海側の席では播磨灘を眺めることもできて最高のシチュエーションだ。(人気が高いのでタイミングよく海側の空いたときに入店できればベストだ。)
IMG_4251.jpg
エントランスにはスロープが設けられていてユニバーサルデザインに配慮されている。
IMG_4258.jpg
この日注文したのはポークステーキのランチコース、他にシーフードカレーも。ランチコースには味噌汁かスープがついていて、このスープはまったりとした濃厚な舌触りのポタージュ。
IMG_4260.jpg
これがシーフードカレー。エビ、イカ、アサリ、ムール貝?と蟹のつめまで入った豪華なカレーだ。味ももちろんスパイシーでうまい。
IMG_4262.jpg
これがポークステーキ。こんがりと焼かれたステーキにかかったソースがしっかりとした味わいとコクで絶妙なバランスだ。付け合せにはフレッシュなサラダ、切干大根、ヨーグルト、香の物がついていて、ご飯とあわせて食べればボリュームも十分のランチになった。
IMG_4266.jpg
入ってすぐのところには、おそらく近くにある江崎灯台をモチーフにしたと思われるステンドグラスがあしらわれて、オーナーのセンスのよさが光る。この日は満席でちょっと店内を撮影するのははばかられたので、おしゃれな店内は実際にいって確かめていただきたい。
■食房 NICE (ニース)
0799-82-2880
兵庫県淡路市野島蟇浦157-1

コメント

淡路市志筑、路地裏の名店「遊食旬彩 仲よし」さん

仲よし
志筑の街中、ちょっとわかりづらい場所に「遊食旬彩 仲よし」さんはある。目立たないが海の幸をこれでもか!と味わえる、知る人ぞ知る名店だ。
仲よし2
インテリアも色々と凝っていて面白い。
仲よしお品書き
島の海の幸が中心のメニューはめちゃくちゃ豊富!もちろん写真以外のメニューのほうが多いぐらいだ。
海老チリソース
地味ながらプリップリの食感を味わえる海老チリソースは絶品の一言。ピリッと聞いた香辛料と海老の組み合わせは黄金比ともいえる。
小物
壁にはちょっとした小物が。
海鮮どんぶり
今回メインで注文した海鮮どんぶり。ぎっしりと詰まった海の幸。に唖然とすること請け合いだ。
もちろん味は最高。ネタはどれも極上でプリップリ。旨みと歯ごたえが絶妙なイカにまったりと味わい深いウニ(結構たくさん入っている。)
それに彩りに入っているサーモンやイクラも上質なものでとてもうまい。どの品をえらんでも失敗が無い路地裏の名店がここにもある。
■遊食旬彩 仲よし (ゆうしょくしゅんさい なかよし)
0799-62-0594
兵庫県淡路市志筑1551

コメント

« 前ページへ « 前ページへ Next entries »